がん治療におけるチーム医療

チーム医療の中でもがんの治療には組織的な治療形態が多く活用されており、それぞれの分野の専門家が固有の役割を担うことになります。とりわけ、看護師の方の業務内容には個々の専門性に応じて多様なものがあり、細分化されているのが特徴です。がん治療では患者に栄養の管理を行いがんの進行による体力の低下を防いだり、薬剤の副作用が原因による身体的な苦痛を緩和する処置を施す事が多くあります。そのため、看護師は栄養管理士などと協力して日常的な身体の介助に加え、食事の際の咀嚼をサポートしたりする事が求められるのです。また、がんの治療でチーム医療が適用されている場合は、寝たきりになった患者の身体的な介助が不可欠です。寝たきりの状態が長い患者の場合は、床ずれなどを防ぐ為にソーシャルワーカーと看護師が連携して身体的な損傷を回避する事も大切です。また、セラピストや理学療法士などとも協力して、がんの症状で苦しむ患者の痛みを和らげてあげる事も大切で、看護師には身体症状を緩和する様々な知識が要求されます。がんのチーム医療では看護師の役割が非常に重要なもので、日常生活の中での治療を通じて患者と接する機会も多いことから、様々な相談に乗ってあげたり、治療や病気に関する不安を聞いてあげるなど心理面のサポートも欠かせません。それゆえに、組織的ながん治療においては、看護師が大変重要な責務を負うこととなり、欠かせない存在となっています。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>