看護師の重要な役割

チーム医療では、複数の医療分野のエキスパートがそれぞれ役割を分担して患者さんの治療にあたる事が基本です。その中でも、認定看護師の役割は個々の専門分野に応じて異なり、幅広くなるのが特徴です。認定看護師の資格の種類によっては、特定の治療で使用される薬剤についての作用機序など、詳細なデータを保有している事が一般的です。そのため、入院患者に専門的な薬物療法を提供する際に、中心的な役割を担うだけではなく、外来で治療を受けに来る患者へも最新の薬物療法を提供します。場合によっては、ご家族の方の相談にのって薬物療法への不安を解消してあげるなど、心理面のサポートも提供する事になります。そして、認定看護師の場合は、患者に適切な治療法を説明し、複数の選択肢を提示して患者の理想とする治療法を見つける手助けを行う役割もあります。この際には、治療方法だけではなく使用する薬剤に付随する副作用や身体的な影響の説明、治療後のリハビリの必要性など、将来的な側面にも配慮しての支援となる事が一般的です。更に、チーム医療の中で重要な役割を担う看護師は、治療による身体的な症状を処置したり最適なケア方法を提示したりなど、治療を遂行する上で支障を来たす身体的な不具合について、看護師の立場からケアやアドバイスを提供する役割を担います。これら諸々の理由から、チーム医療では看護師の存在が大変重要で、患者の早期回復を促す中心的な存在ともなります。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>